海外医療通信2017年6月号
26/06/2017 12:07 Views: 195
 
東京医科大学病院・渡航者医療センターが発行する
メールマガジン「海外医療通信」から転載しています。


[リンク]
東京医科大学病院・渡航者医療センター


=====================================================
・海外医療通信 2017年6月号

海外感染症流行情報 2017年6月号
1)中国で鳥インフルエンザH7N9型の流行が続く中国では昨年秋から
鳥インフルエンザH7N9型の第5波の流行が発生しています。
第4波までの流行は5月以降鎮静化していましたが、今回は5月も72人の患者が
発生しました(外務省・海外安全ホームページ 2017-6-16)。
なお、第5波の流行状況を解析した結果が報告され、患者の発生地が都市部から
郊外に移動している点や、患者の年齢が高齢者から中年者に変化している点などが
明らかになっています(Lancet infectious diseases 2017-6-2)。
また、今年の1月に死亡した56歳男性から、オセルタミビル(タミフル)耐性の
ウイルスが検出されました(Emerging Infectious Disease 2017-6-1)。
H7N9型については、第5波の流行とともに鳥への病原性が増強していることが
明らかになっており、今後、注意深く流行状況を監視する必要があります。

2)アジアのデング熱流行状況
東南アジアでは雨季のシーズンを迎え、デング熱の流行が各地でみられています
(WHO西太平洋 2017-6-6)。今年はマレーシア、シンガポール、
フィリピンなどで、昨年より患者数が少なくなっていますが、
滞在中は蚊に刺されないように予防対策をとってください。
なお、今年は南アジアのスリランカで患者数が多く、5月末までに
5万人と昨年1年間を上回る数になりました(Fit For Travel 2017-6-2)。

3)サウジアラビアでMERSの集団感染が発生
サウジアラビで5~6月に中東呼吸器症候群(MERS)の患者が70人以上発生しました
(WHO 2017-6-6, 13, 19)。患者の多くは、首都リヤドの複数の病院でおきた
集団感染に関連するものです。中東では2012年よりMERSの流行が発生しており、
とくにサウジアラビアでの患者数が多くなっています。
同国では今年の8月末にイスラム教の大巡礼(ハッジ)が予定されており、
全世界から約300万人のイスラム教徒が来訪しますが、この時期にMERSが
拡大することが懸念されています。
なお、日本の国立感染症研究所は最近のMERS流行に関するリスクアセスメントを
6月に発表しました。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers/2186-idsc/7322-mers-riskassessment-20170616.html

4)ヨーロッパでの麻疹流行
ヨーロッパ諸国では今年になり麻疹の患者数が増加しています。イタリアでは患者数が
2900人にのぼっており、これは昨年の3倍近い数です(ヨーロッパCDC 2017-6-16)。
また、ドイツでも600人を越えており、昨年同期の約10倍の数になっています。
この他、英国やフランスでも患者数の増加が報告されています。日本では20歳代後半~
30歳代の世代で麻疹の免疫力が低く、この世代の人が麻疹の多発国に滞在する際には、
事前にワクチン接種を受けるなどの対策を推奨します。

5)東アフリカでのコレラ流行
タンザニアでは2015年からコレラの流行が発生しており、
現在までに累積患者数は3万人近くにのぼっています。
5月中旬には首都のダルエスサラームやザンジバルで、
60人近くの集団発生がありました(WHO東地中海 2017-6-15)。
タンザニアには日本からの観光旅行者も多く、滞在中は飲食物への十分な注意が
必要です。

6)中南米でのジカウイルス感染症の現況
ブラジルなど南米諸国ではジカウイルス感染症の患者が毎週1000人以上
発生しており、相変わらずの流行が続いています(米州保健機関 2017-5-25)。
一方、中米やカリブ海地方では、流行が鎮静化してきています。
また、米国のフロリダ州やテキサス州でみられていた流行は終息しました。
なお、ブラジルでのジカウイルス感染症の流行は、当初2015年から発生したと
考えられていましたが、その後の調査で2012年頃から流行していた模様です
(Emerging Infectious Disease 2017-6-19)。

7)南半球でインフルエンザ流行はじまる
南半球は冬を迎えており、季節性インフルエンザの流行時期になっています。
現在までに南米のチリやパラグアイでH3N2型の流行が発生していますが、
オーストラリアやアフリカ南部ではまだ本格的な流行は発生していません(WHO 2017-6-12)。





Read more...


Read more...